GAS開発環境.md

そんなに複雑なプログラムは書けないのでブラウザ上のエディタで特に不便は感じていないが手順だけメモしておく

準備

以下の環境をインストール

Node.js
npm(パッケージ管理システム)が必要になるため
インストールオプションはデフォルトでOK
Gitクライアント
VSCodeで開発するだけなら恐らく不要
インストールオプションはデフォルトでOK
google/clasp
Node.jsをインストールした後、コマンドからインストール
次の手順で説明

Apps Script APIの有効化

https://script.google.com/home/usersettings
上記URLにアクセスし、Google Apps Svript APIの設定を オンにしておく。

CLI Tool Claspのインストール

コマンドプロンプト上で以下を入力

npm install -g @google/clasp

Googleアカウントにログイン

clasp login

ブラウザが起動してGoogleへのログイン画面が表示されるので自分が使用するユーザでログインする

プロジェクトの作成

新規作成

  1. 適当なフォルダを作成する
    mkdir c:\GAS\GAS_Project
  2. コマンドプロンプトから作成したフォルダに移動する
    cd c:\GAS\GAS_Project
  3. プロジェクトを作成する
    clasp create GAS_Project

.clasp.jsonとappsscript.jsonの2つのファイルが作成される。 また、Apps Scriptのページにプロジェクトが作成される

クローン

既に作成済のプロジェクトをローカルで編集する場合はclone機能を使う。

clasp clone [スクリプトID]

スクリプトIDは対象のプロジェクトページメニュー項目から
[ファイル]-[プロジェクトのプロパティ]-[情報タブ]
スクリプトID欄から取得出来る。

コードのダウンロード

クローン作成時にコードがダウンロードされない場合や、 Webでコードを追加・編集した場合は以下のコマンドでコードを取得する。
プロジェクトを作成したフォルダで実行する。

clasp pull

コードは拡張子'.js'でダウンロードされる。

コードのアップロード

プロジェクトを作成したフォルダで実行する。

clasp push

スクリプトエディタを開く

以下のコマンドでブラウザのスクリプトエディタが起動する。

clasp open

補足

VSCode上で[表示]-[ターミナル]
からターミナルを表示させれば、VSCodeのみでプロジェクトやクローンの作成を行うことが出来る。

デフォルトのターミナルはPowewrShellになっていたので

[ファイル]-[基本設定]-[設定]
'ユーザー設定'欄に以下の記述を加え、ターミナルをコマンドプロンプトに変更した。

"terminal.integrated.shell.windows": "C:\\WINDOWS\\System32\\cmd.exe" VSCode_SettingR2

参考にしたサイト

WindowsでMarkdownエディタをセットアップする