NASのHDD(xfsフォーマット)入れ替えのためLinux Mint(64bit)にNASから取り出したHDDと移行先の新HDDを接続、rsyncで同期をとった後新HDDをNASに接続。

NASからファイルにアクセスを試みるとValue too large for defined data typeとメッセージが表示されアクセス出来ないファイルやディレクトリが出来てしまった。

どうやら64bitシステムでxfsフォーマットに書込みを行うと、32bitシステムでは参照出来ない値が書き込まれることが原因のようなのでフォーマットし直した後、マウント時に-o inode32オプションを追加する事で先のメッセージは出なくなりファイルにもアクセス可能になった。